「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

NBAにおけるスポンサーのあれこれ

2017 1/10 23:42
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by EFKS/Shutterstock

バスケットボールが世界中で人気のあるスポーツであるために、最高峰の舞台であるNBAには多く協賛企業(スポンサー)が存在し、NBAを支えているのだ。 NBAにおけるスポンサーについての説明を行っていく。

どうやってスポンサーに?

NBAでスポンサーになるには、基本的にはNBAそのものや所属しているチーム側に働きかける形で契約するということがほとんどだ。 逆にスポンサーが欲しいチーム側が企業に対して売り込むということもあり、その辺は状況次第ということになるだろう。
スポンサーは契約額を年間のスパンで支払う代わりに、コート、試合放送のテレビといったところに企業名を掲載することができる権利など有することになり、ギブ&テイクの関係を確立するのだ。

収益がNBAのさらなる進化につなげる

NBAやチームにおけるスポンサーの存在メリットは、何といっても収益だ。
企業の宣伝と引き換えにお金をもらえるわけだから、NBAはそれを各チームに分配したりできるし、チームなら補強などのチーム強化に使用することができる。
やはりプロチームはお金があった方がいい運営を行うことができるし、それがそのままチームの好成績といった形でファンへの満足感を高める結果に至らせることができるのだ。
このように、スポンサーからもたらされる収益は非常に大きな意味合いを持っている。

おすすめの記事