「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

最初に知っておこう!NBA基礎知識を説明

2017 1/10 23:42
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Oleksii Sidorov/Shutterstock

バスケットボールに興味を持った方は、最高のリーグであるNBAについて知っておくとより幅広くバスケットボールを楽しむことができる。 NBAの基礎知識について説明していく。

東西に分かれた30チームが存在

NBAは東西の地区に分かれたリーグが存在(カンファレンスと表現)し、15チームずつが所属している。
チーム名には企業名を介さないことが特徴であり、「地元の名前」+「チームネーミング」といった形で表現される。
基本的にはどのチームも地元に根差したチーム運営をしていることが特徴であり、アメリカ国民もそれに準ずるように自分の住んでいる場所に存在、もしくは近くに所在しているチームを贔屓にして応援している傾向がある。

リーグからさらに地区ごとに区分け

東西に分かれているチームは、さらに地区ごとに区分けされる。 カンファレンスごとに3地区に区分けがなされて、1地区ごとに5チームが所属する方式になっているのだ。
レギュラーシーズンは同じカンファレスで同地区に所属している4チームより上に行って地区優勝し、最終的なカンファレンス優勝チームを決定するためのポストシーズンの舞台「NBAプレーオフ」に進出することを目標にして戦っていくことになる。

おすすめの記事