「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

NBAのドラフトにおけるシステムを解説

2017 1/10 23:42
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by EFKS/Shutterstock

未来のスター選手を獲得するということで、シーズンの試合同様にファンが熱狂するNBAのドラフトだが、実際にはどのようなシステムで行われているのだろうか。 NBAにおけるドラフトの仕組みを説明していく。

資格取得者がドラフト対象に

NBAのドラフトでは、ドラフトにかかる資格を持った選手たちが対象になり指名される。
対象になるのは以下の条件だ。

アメリカ国籍保持の場合
19歳以上かつ高校卒業後1年経過という前提のもといずれかの条件を満たす選手
1. 大学4年次の資格を持っている
2. アメリカ高校卒業後に大学進学せずに4年経過
3. NBA以外のプロチーム所属歴

アメリカ国籍でない場合
1. 22歳以上
2. NBA以外のプロチーム所属歴

であり、これらに合致する選手は自動で資格が付与される。
つまり、高校卒業後すぐにはプロになれないということであり、これに関しては改正によって変更されて今に至るという過去があるのだ。

自動資格を得られなくても、アーリーエントリーで資格取得可能

自動資格の場合なかなか縛られている印象を受けるNBAドラフトだが、実際にはアーリーエントリーという選手の希望によりドラフト60日前に宣言を行うことで資格を得るという方法がある。
選手たちは各チームから自身の評価を聞くことができるようになっているので、それを聞いてからアーリーエントリーを行うこともできるようになっているのだ。
一方で、大学側(NCAA)はアーリーエントリーを行う選手には大学資格を失わせるという厳しい対応をとることもあるなど、在学者にはリスクの伴う宣言でもある。

おすすめの記事