「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

あなたは大丈夫?バスケットボールにおける反則について

2017 1/10 14:42
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Nadir Keklik / Shutterstock.com

スポーツにおいて、反則行為を気に掛けるのは当然のことだが、バスケットボールの反則規定は多く、分かりにくいという人が多いのではないだろうか。 本稿ではバスケットボールにおける反則について解説していくので、ぜひ参考にしてください。

ボールを持ち続けてはダメ!時間制限ルール

まず最初に、ボールを持ち続けてはいけないという時間説明ルールについて説明する。

相手チームの制限区域にいる時からの猶予:3秒
近くで相手プレイヤーに防御されている・スローインでボールをもらった時からの猶予:5秒
バックコートでボールを受けてフロントコートに進むまでの猶予:8秒
ボールを持った瞬間からシュートまでに許される猶予:24秒

以上が定められた時間制限だ。
24秒ルールは明快なので分かりやすいが、その他は状況ごとに整理しておき計算して動くことが対策になるだろう。

よく知られたルール・ダブルドリブル

次に説明するのはダブルドリブルだ。 体育の授業のバスケットボールでも指摘されることの多いダブルドリブル、1度ボールを受けてからドリブルをやめた後に再びドリブルをすることが該当する。
つまり、ドリブルをやめたら必ずパスを行わなければならないのだ。 ドリブル→パスということを一連の流れとして、「ドリブルの後はパスだ」ということを練習の段階から頭に入れて取り組んでいくことがダブルドリブルを避ける近道になる。

おすすめの記事