「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

3ポイントの名手、NBAレジー・ミラー選手の功績や逸話などを紹介

2017 1/10 21:54
NBA,レジー・ミラー,功績
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Helga Esteb/Shutterstock

レジー・ミラー選手はNBA史上第2位の3ポイントシュート記録を持っている偉大なプレーヤーだ。2011年にR・アレンに破られるまでの記録保持者だった。レジー・ミラー選手の功績や逸話などを紹介する。

レジー・ミラー選手は18年間同じチームで活躍。31は永久欠番

レジー・ミラー選手には同じバスケットボール選手の姉がいてオリンピックで金メダルを獲得している。また、兄はメジャーリーグのキャッチャーで妹はバレーボール選手というスポーツ一家だった。レジー・ミラー選手は大学時代はUCLAで活躍しドラフトでインディアナ・ベイサーズに指名されて入団。18年間同じチーム一筋でシューティングガードとしてプレーを続け、ミラー選手の背番号31はベイサーズの永久欠番となっている。

後に有名選手となる姉とコンビで子ども時代に賭けバスケを

レジー・ミラー選手の姉であるシェリル選手も、後に殿堂入りしている女子バスケ界の名選手だが、子どもの頃、レジー・ミラー選手は姉と組んで賭けバスケットを行い、ちょっとした小遣いを稼いでいたことがあるというファンの間でも有名なエピソードがある。ミラー選手は姉と組んで自信満々の相手2人に掛け金10ドルの勝負を挑み、最初は負けてあげるも最後には反撃して勝利。2人は勝ったお金でハンバーガーを食べていたそうだ。

おすすめの記事