「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

超ビッグマン!身長220cm超えのバスケットボール選手一挙紹介

2016 12/16 20:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Bangkokhappiness / Shutterstock.com

高さが大きな武器となるバスケットボールには驚くほどの長身選手が多く存在する。日本国内Bリーグの平均身長もなんと190cmを超え、NBAに至ってはなんと平均身長が2mを超えるという驚愕の数字だ。 そんなバスケットボール選手の中でも殊更大きい身長220cmを超える超ビッグマンを紹介する。

NBA歴代最高身長231cm ジョージ・ミュアサン

ルーマニア出身のジョージ・ミュアサン選手。本来の発音はゲオルゲ・ムレシャンなのだがNBAでは英語での発音であるジョージ・ミュアサンとしてプレーしていた。
ジョージ・ミュアサン選手は大型選手らしからずシュートが上手い。1996-1997シーズンにはNBAトップのシュート成功率をマークするなど柔らかいシュートを得意とする起用な選手だった。背番号は77番。その番号は身長が7フィート7インチである事に由来している。
また彼の両親は共に170cm台と平均的な身長。家族の中で大きいのは彼だけとのことだ。

ユニークなキャラクターで人気の巨人231cm マヌート・ボル

1980年台から1990年台に活躍したアフリカ南スーダン出身の元NBA選手。ジョージ・ミュアサン選手と同じ、身長231cmだが、少しだけジョージ・ミュアサン選手の方が大きく、NBAでは歴代2位と記録されている。
最大の武器はブロック。1試合のブロック数はNBA歴代2位。ブロック数2000以上で4000ポイント以下の選手としてはNBAの歴史上唯一、ブロック数がポイント数を上回るという鉄壁のブロックを誇っていた。
またマヌート・ボル選手の隠れた武器は、通常身長があまり高くない選手が得意としている3ポイントシュート。独特のフォームから繰り広げられる3ポイントシュートはファンに愛された。
またNBA史上最も小さい身長160cmのマグシー・ボーグス選手とチームメイトになった際には大きな話題となった。

おすすめの記事