「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

もしバスケットボールで日本が金メダルをとったらどうなる?

2016 10/17 10:21
オリンピック バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by A.RICARDO / Shutterstock.com

国内のバスケットボールファンの方へ、今回はオリンピックにスポットをあてたいと思います。バスケットボール日本代表がオリンピックで金メダルをとったらどうなるか紹介します。

バスケットボールの歴史

今からさかのぼる事約125年前の1891年にアメリカでバスケットボールが生まれました。
名称の由来については当初初めての試合行われた試合にはサッカーボールを使用し、ゴールは45cm四方の箱を用意する事を考えていたが、それが困難だったため、代わりに桃を入れるカゴを取り付けた…そこから「バスケットボール」として名付けられたと言われています。
1946年に男子プロバスケットボールリーグが創設され、当初はBAAとういうリーグ名だったが、3年後にNBLと合併した事によって現在のNBAが誕生し、人気のスポーツへとなりました。

バスケットボールの現在

バスケットボールが誕生した当初のルールはわずか13だったのに対して、現在では約250にまで増えています。これによりルールが複雑なスポーツの一つとなっていますが、本格的な試合以外での楽しむスポーツとして1オン1や3オン3で気軽にバスケットボールができるようにもなっています。
やはりバスケットボールといえばアメリカのNBAが頂点で、そこを目指して奮闘している日本人も少なくありません。2004年にはフニックス・サンズに入団した田臥勇太選手がいますが、日本人初のNBAプレイヤーとして活躍しました。
今後もNBAでの日本人プレイヤーは増えていく可能性も大いに期待できますね。

おすすめの記事