「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

福岡ヤフオク!ドームでソフトバンクの応援を楽しむ4つのコツ

2016 9/28 16:32
福岡 ドーム
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Tece Onir

福岡ソフトバンクホークスの本拠地として知られる福岡 ヤフオク!ドーム(通称ヤフオクドーム、福岡ドーム)は野球だけではなく様々なイベントで楽しめる多目的ドームです。

ヤフオクドームの概要

ヤフオクドームはもともと1993年にアジア太平洋博覧会会場跡地に福岡ダイエーホークスの新本拠地として建造されました。 日本のドーム球場としては2番目に建造され、日本野球機構所属球団の本拠地球場の中で最も西に位置しています。
ドームの名称はもともと「福岡ドーム」でしたが2005年にヤフーが命名権を取得し「福岡 Yahoo! JAPANドーム」となり、2013年にはYahoo! JAPANのサービスのひとつであるYahoo!オークションに由来する「福岡 ヤフオク!ドーム」になりました。

日本で唯一の開閉式ルーフ

ヤフオクドーム最大の特徴は日本で唯一の開閉式のルーフです。 開口することで屋根が半分ほど開く構造となっています。 以前はルーフを開けた状態で試合が行われていましたが、光の傾斜や騒音問題で1999年以来、試合時にはルーフが閉まるようになりました。しかし、ホークスが勝ったルーフオープンショーや、年に2回ほど行われるルーフオープンデーなどで開放的な景色をみることができるのです。
ちなみにこのルーフを開閉するのに約20分かかるのですが、一回の開閉にかかる費用は約100万円だそうです。 その内訳は約20万円が電気代、残りが人件費だそうで屋根を一回開けるのに多くの人がかかわっていることがわかります。

おすすめの記事