「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

横浜スタジアムへもっと行きたくなる!楽しみ方5選

2016 9/28 16:32
横浜スタジアム
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Haruakibay

神奈川県横浜市にある横浜スタジアム、通称「ハマスタ」は日本プロ野球・セリーグの横浜DeNAベイスターズの本拠地としても知られ野球ファンなら知らない人はいない施設です。
本記事では横浜スタジアムの歴史や、おすすめスポットなど、野球観戦がさらに楽しくなる情報をお伝えします。

野球の神様がプレーしたスタジアム

横浜スタジアムの歴史は古く、着工は明治7年にさかのぼります。当時は外人遺留地のクリケットグランドとして歴史をスタートさせました。
1896年には日本初の国際野球試合が行われ、1934年には野球の神様ベーブ・ルース、伝説の強打者ルー・ゲーリッグ率いる米大リーグオールスターが来日し日本代表と戦いました。 その記念としてライトスタンドにルー・ゲーリッグ、レフトスタンドにベーブ・ルースのメモリアルレリーフが今でも飾られています。 日米野球の発展と共に横浜スタジアムは歴史を刻んできました。

選手との距離が近いハマスタ

横浜スタジアムは他のスタジアムと比べ設計上ファウルグラウンドが狭く、内野スタンドのネットがありません。 そのためレフトサイド、ライトサイドに座る観客からすると選手を近くに感じることができます。
さらにはエキサイティングシートという選手との距離が近いシートが設けられており間近でプロのプレーをみることができます。 また観客席だけではなく「ハマスタツアー」という球場見学ツアーがあり、

  • 選手ロッカー
  • 屋内練習場
  • グラウンド
  • ベンチ
  • 放送ブース

などの普段入れない選手のエリアをみることができ、野球ファンにはたまらない内容です。こういった点からも選手との距離が近いといえますね。

おすすめの記事