「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

セ・リーグの人気はどれくらい?観客動員数を検証!

2016 9/23 20:08
人気のセ 実力のパ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Glen Jones/Shutterstock.com

日本のプロ野球は「人気のセ」「実力のパ」と言われてきた。セ・リーグの方が比較的有名な球団が多いことからこのような表現がつけられたのだろうが、セ・リーグの実際の人気はどのくらいあるのだろうか。観客動員数から検証してみた。

2004年までの観客動員数は概数発表だった

日本プロ野球機構(NPB)が発表しているプロ野球の観客動員数は、1950年の年間421万人が最も古い記録だ。ここから動員数は右肩上がりに上昇していき、2004年には6倍近い2445万人に達した。
しかし、翌05年には急に450万人も減少した。この理由は2つ考えられ、球界再編騒動に対するファン離れと観客動員の実数発表が原因とみられる。04年までの観客動員数は実数ではなく概数で発表されており、少し空いているくらいなら「満員」と判断されることもあった。
05年以降はできるだけ厳密に数えた上での数となったことで、いい加減になっていた数字が削れて減少の発表となった。

観客動員数ではなく動員率に注目

では、プロ野球全体の動員数からは一度離れて、球団別の動員率を比較してみよう。その前に、なぜ観客数ではなく動員率を比較するのかというと、それぞれの球団のホーム球場は観客収容数が異なるためだ。キャパシティーが多い球場で半分程度埋まっているのと、キャパが少ない球場で満員が同じ数では比較の対象にならないため、それぞれの球場をどれだけ埋めているのかが球団の人気度を図るわかりやすいバロメーターとなるのだ。

おすすめの記事