「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

オリックス・バファローズの優勝パレード&祝賀会秘話まとめ!

2016 9/20 12:42
野球ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Cynthia Farmer/Shutterstock.com

「オリックスといえばブルー・ウェイブ、バファローズといえば近鉄」、これが昔からの野球ファンのイメージです。
現在のオリックスはチームの合併や名称変更、そして悲しい震災の歴史などさまざまな事情をかかえています。
そんなオリックスの優勝パレードと祝賀会についてまとめてみました。

オリックス・バファローズは関西球団の連合チーム!

オリックス・バファローズという球団が生まれたのは厳密には2004年のことです。それまではオリックス・ブルーウェイブという神戸を本拠地とする球団であり、さらにさかのぼれば阪急ブレーブスという球団でした。
のちにオリックスが阪急ブレーブスを買収し、オリックス・ブレーブスとなり、さらにオリックス・ブルーウェイブへとチーム名を変更します。ブルーウェイブは、ご存知スーパースター、イチローがアメリカにわたるまで在籍し、大活躍した球団ですよね。その当時、関西には近鉄バファローズという大阪を本拠地とするライバル球団があったのですが、2004年にオリックス・ブルーウェイブが吸収し、オリックス・バファローズが誕生しました。

オリックス・バファローズ初の日本一は1975年!

オリックス・バファローズが球団初の日本一となったのは1975年でした。もちろん当時はオリックスでもバファローズでもない、阪急ブレーブス時代でした。名将・上田監督の指揮のもと、チームは1936年の創設から40年たってはじめての優勝カップを手にするのです。
しかし当時はまだ優勝パレードが現在ほど習慣化していなかったからか、現在みられるように、本拠地での大パレードは行われませんでした。阪急球団の本拠地である梅田でのセレモニーとちょっとしたミニパレードだけで終わったようです。

おすすめの記事