「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

西武ライオンズの優勝パレード・祝賀会まとめ

2016 9/20 12:42
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Danny E Hooks/Shutterstock.com

かつて「実力のパ」において長く黄金時代を築いた西武ライオンズは、どのような祝勝会や優勝パレードを行ってきたのでしょうか。優勝当時チームを支えた選手を含めて紹介します。

埼玉西武ライオンズの1988年は近鉄と球史に残る接戦

日本一13回、パ・リーグ制覇21回もの記録を誇るライオンズ。ただ、黄金期を作った名将・森祇晶監督をして「失礼かもしれないが、大きな誤算だった」と苦しめられたシーズンがありました。それが、1988年のペナントレースです。
日本シリーズ3連覇がかかったシーズンに、全試合を終えた時点でチームは首位でしたが、森監督の「誤算」は近鉄の存在でした。近鉄は10月19日の最終戦、ロッテとのダブルヘッダーで第一試合の9回に劇的な勝ち越しで大逆転優勝への望みをつなぎ、第二試合も延長10回までもつれた結果、最後は併殺で引き分け。優勝が決まった午後10時42分、西武球場では吉報を信じて待っていた選手とファンが歓喜に包まれた、球史に残る接戦でした。

2008年の埼玉西武ライオンズ、若獅子奮闘で日本一

2000年代後半に入ると、かつての常勝軍団は親会社の球団身売り問題や、エース松坂大輔選手(現・ソフトバンク)のメジャー移籍、カブレラ選手や和田一浩選手といった長打力のある選手の移籍に伴い、新しいチームへと生まれ変わろうとしていました。リーグ5位と低迷したチームの再建を託されたOBの渡辺久信監督の下では、「おかわり君」こと中村剛也選手らが長打力を補い、片岡治大選手(所属当時は「易之」、現巨人)が盗塁を決める機動力も見せる爆発力をみせました。
前年から見事な復活を遂げた若獅子はパ・リーグを完全制覇。巨人との日本シリーズも最終戦までもつれたものの、岸孝之選手の力投などで13度目の日本一を達成しました。

おすすめの記事