「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

横浜DeNAベイスターズの優勝パレード・祝賀会エピソード

2016 9/20 12:42
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Mike Flippo/Shutterstock.com

横浜DeNAベイスターズの優勝を望むファンの方へ。ファンなら知っておきたい1960年と1998年の2度のリーグ優勝と日本シリーズ優勝を勝ち取った試合の経緯や、当時のパレード・祝賀会エピソードをご紹介したいと思います。

横浜DeNAベイスターズの過去の優勝記録と優勝パレード

横浜DeNAベイスターズ のリーグ優勝は、過去2回あります。最初が1960年の新・大洋ホエールズ時代。監督は前年まで西鉄ライオンズの監督だった三原脩でした。2度目が1998年の横浜ベイスターズ時代。監督は、この年バッテリーチーフコーチから監督に昇格したばかりの権藤博。
2度目のリーグ優勝は前回の1960年以降、実に38年ぶりの悲願。続く日本シリーズも西部ライオンズを下して日本一に輝き、地元横浜での優勝パレードにはおよそ40万人ものファンを動員し、その人気ぶりを世間に知らしめました。

前年最下位からのリーグ初優勝!歓喜の優勝パレードはオープンカー

1960年、三原脩監督の指揮のもと水原茂監督率いる巨人を下し、前年最下位からのリーグ初優勝を果たした「新・大洋ホエールズ」。日本シリーズでも毎日大映オリオンズを1点差で下して名実ともに日本一へ。
優勝パレードは、ファンの歓喜の声があふれる川崎球場から大洋漁業本社がある東京丸の内まで、オープンカーに乗って行われました。球場周辺のにぎわいぶりは六郷橋を渡るとぴたりとやんでしまい、本社の前で2度目のパレードを行った経緯があります。当時は巨人が全盛の時代、もともと山口県下関市が本拠地だったこともあり、まだ地域密着度の薄さが伺える少し寂しいエピソードです。

おすすめの記事