阪神タイガースの優勝と歓喜の優勝パレード・祝賀会|【SPAIA】スパイア

「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

阪神タイガースの優勝と歓喜の優勝パレード・祝賀会


Photo by Paul Orr/Shutterstock.com

阪神タイガースは日本にある12球団の中で読売ジャイアンツの次に歴史のあるプロ野球球団です。長い歴史の中での監督の采配や選手の活躍をまとめてみたいと思います。

1985年阪神タイガース優勝

1985年のタイガースは攻守ともいい選手が名を連ねており、吉田義男監督の采配の元、開幕ゲームでは落としたものの対巨人戦ではバックスクリーン3連発が飛び出し開幕ダッシュに成功しました。7、8月と失速しますが9月の広島戦で連勝をすると勢いをつかみその勢いのまま10月まで疾走し優勝を果たしました。優勝にはランディ・バース選手の活躍が著しく、最優秀選手、首位打者、本塁打王、打点王、最高出塁率、最多勝利打点など多くの賞を受賞しました。
その他にも最優秀救援投手に中西清起選手が選ばれました。ベストナイン、ダイヤモンドグラブ賞には阪神タイガースから多くの選手が選ばれ活躍を物語っています。残念なことですが、パレードは警備困難を理由に行われませんでした。

金本知憲がチームを引っ張り阪神タイガース2年ぶり5回目の優勝

2005年の阪神タイガースは攻守とも戦力が充実している年でした。6月には金本知憲選手がが対日本ハム戦で1回に入来祐作から本塁打を放ち、NPB史上4人目になる全球団からの本塁打を達成すると、赤西憲弘選手がNPB史上初の1シーズンで11球団から盗塁を達成しました。
最優秀選手に金本知憲選手、打点王に今岡誠選手、盗塁王に赤西憲弘選手、最多勝利下柳剛選手、最高勝率安藤裕也選手、最優秀選手中継ぎ選手には藤川球児選手が選ばれました。ベストナイン、ゴールデングラブ賞には阪神タイガースから攻守まんべんなく多くの選手が選ばれ、賞の多さからも多くの選手の活躍が見られます。
パレードは大阪市のメインストリート・御堂筋で行われ、3台の車に分乗した監督や選手を一目見ようと、雨の中沿道には18万人の大観衆が集まり、拍手や万歳で歓喜に包まれました。約2キロの距離を45分行われたパレードは深夜まで熱気で包まれていました。

星野監督の采配光る2003年阪神タイガース優勝パレード

2003年の阪神タイガースは、ツーシーズン目を迎える星野仙一監督が選手を率いてリーグ優勝をもたらしました。星野監督の元で選手を大きく選手が入れ替え、攻守ともバランスの取れた阪神タイガースは、開幕直後から首位を独走し、7月終了時点で2位に大差を付け、そのまま勢いのまま2位以下を全く寄せ付けずに18年ぶりのセ・リーグ優勝まで疾走し続けました。
投手陣は井川選手、伊良部選手の先発陣がゲームをひっぱり、安藤、ウィリアムらのリリーフ陣が活躍しました。投手陣を後押しするべく、金本、矢野、アリアス、今岡などの野手陣が1試合平均5得点をマークし高い得点力でチームを引っ張りました。 優勝パレードが行われた大阪御堂筋には、雨の中選手や監督をより近くで見ようと前日から場所取りしてる人も多く、当日には65万人もの人が優勝を祝福に集まりました。

1962年藤本定義監督率いる阪神タイガースリーグ優勝

阪神タイガースはこの年「名将・藤本定義監督」が就任すると、監督の采配により開幕から一気に勢いづき、波に乗りました。藤本監督は村山、小山両投手を先発にし、二人のローテーションで3連戦のうち2試合を確実に勝つという作戦で勝率を上げてきました。この時点で大洋も調子がよく抜きつ抜かれつの争いでしたが、9月に入り大洋戦で連敗してしまい、後がなくなってしまう状況に追い込まれてしまいました。しかし、大洋側も連敗が祟り失速してしまいます。最終戦での広島戦では阪神甲子園球場で圧勝し15年ぶりの優勝を手にしました。
優勝が決まった瞬間、感極まったファンがグラウンドに飛び込み大混乱になってしまいますが、ファンと選手たちに藤本監督は胴上げされ会場一体で優勝の喜びを噛み締めました。藤本監督への試合後のインタビューでは記者たちに「この優勝は、すべてのタイガースを愛してくさだるファンのおかげです」という言葉と残してくれました。

1964年藤本定義監督二度目の阪神タイガースリーグ優勝

藤本監督二度目の優勝となる1964年は大洋と阪神のデットヒートを物語るシーソーゲームの末、阪神タイガースが勝利をおさめました。6月までは3チーム混戦の首位争いでしたが巨人が脱落し、大洋と阪神の一騎打ちとなり首位を何度も入れ替わる優勝争いの末、9月25日に大洋最後の2試合が阪神との直接ダブルヘッダー対決となりました。1試合でも負ければ大洋の優勝が決まってしまいますが、小山投手の抜けた穴を見事に埋めたバッキー投手と、村山投手の好投で阪神が勝ちました。この試合で大洋との差を縮めますが、1試合も負けられない状況が続き、9月29日にバッキーは国鉄に勝ち、運命の中日とのダブルヘッダーで連勝し2年ぶりの優勝を決めました。試合終了後にはファンがグラウンドになだれ込み、選手と監督を囲み喜びを分かち合っていました。その勢いで、バッキー投手と村山投手を胴上げし歓喜に包まれました。

まとめ

阪神タイガースは昔から熱烈なファンが多く、ファンの団結力の強さは半端ではありません。
タイガースファンが阪神を応援し続け、監督や選手たちと一丸となって盛り上げてくれることでしょう。

以上「阪神タイガース?の優勝と歓喜の優勝パレード・祝賀会」でした。

おすすめの記事

関連記事

プロ野球 試合経過・結果

  • 本日開催される試合はありません

B1 順位表

東地区
中地区
西地区
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}

プロ野球 OPS順位

セ・リーグ
パ・リーグ
 選手名・所属チームOPS 
{{index + 1}}{{item.raw.Name}}{{item.raw['ShortName-Team']}}{{item.metrics.ops.toFixed(3)}}{{item.metrics.ops.toFixed(3).substring(1)}}
 選手名・所属チームOPS 
{{index + 1}}{{item.raw.Name}}{{item.raw['ShortName-Team']}}{{item.metrics.ops.toFixed(3)}}{{item.metrics.ops.toFixed(3).substring(1)}}

人気記事ランキング

SPAIA スポーツコラム ライター募集中!