「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

中日ドラゴンズの優勝パレード・祝賀会の歴史

2016 9/20 12:42
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by David Lee/Shutterstock.com

中日ドラゴンズファンの方へ。今回は中日ドラゴンズにスポットをあてたいと思います。記憶に残る優勝パレードや祝賀会について5選紹介します。

1954年中日ドラゴンズ初めての優勝パレード!

1949年から中日ドラゴンズの監督に就任した天知俊一監督は、一度1952年に実績のない総監督に異動となりましたが、1954年に監督に復帰、その年に初優勝と日本一にチームを導きました。人情派監督として慕われていた天知監督は日本一が決まった時に涙が止まらず涙を拭いながらの胴上げとなりました。プロ選手の経験のない監督の球団が優勝した唯一の例だったと言われています。
優勝パレードでは名古屋市中区周辺で行われ、西鉄を完封した杉本投手を筆頭に沿道の声援に応える選手の笑顔に多くのドラゴンズファンが殺到しました。

巨人のV10を阻止し20年ぶりの優勝!盛大な優勝パレード!

1974年に巨人のV10を阻止しての20年ぶりの優勝を果たした中日ドラゴンズは、この年シーズン開幕から好調でした。立役者となったのは、星野仙一、松本幸行、マーチンで、一時は3位まで落ち込んだもののその後は首位阪神に1.5ゲーム差で追走。最終的に2位巨人とゲーム差0のきわどい優勝を果たしました。
その後の優勝パレードは盛大に行われたものの、同時刻には対巨人とのダブルヘッダー、それが長嶋茂雄監督の引退試合となったため、当時の新聞には長嶋茂雄監督の引退報道の方が大きく取り上げられたという事です。

おすすめの記事