「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

パ・リーグをもっと知ろう。近年の優勝チームとその傾向を考えてみる!

2016 9/16 20:29
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Tristan Scholze/Shutterstock.com

知っておきたいパ・リーグ情報を紹介したいと思う。今回は、ここ数年のリーグ優勝チームとその傾向について紹介する。

パ・リーグってなに?

パ・リーグという言葉はよく耳にするが、そもそも何なのか?そこから紹介していく。パ・リーグとは、正式には日本プロ野球組織パシフィック・リーグ運営部という名称の組織だが、パシフィック・リーグを省略してパ・リーグという呼び方で定着した。
1949年に新球団加盟にかかわる対立が生じた際に、加盟に賛成する4球団が脱退して新球団3つを加えた7球団で「太平洋野球連盟」を設立、これが現在のパ・リーグのはじまりとなる。

パ・リーグの歴史

簡単にパ・リーグの歴史についてもふれておく。初期の加盟球団は、阪急ブレーブス、南海ホークス、東急フライヤーズ、大映スターズ、毎日オリオンズ、西鉄クリッパーズ、近鉄パールスの7球団。初期は観客動員も多くて一時期には8球団に拡大するなど順調だったが、1960年代にテレビが普及すると、メディアはセ・リーグを取り上げることが多くなり、パ・リーグ人気は低迷する。
それでも各球団は身売りや合併をしながらやりくりし、いつしか「人気のセ、実力のパ」といった言葉も生まれるようになった。

おすすめの記事