「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

セ・リーグの優勝とその傾向について考察してみよう!

2016 9/16 20:29
プロ野球 セ・リーグ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Sean Pavone/Shutterstock.com

今回はプロ野球をもっと知るためにセ・リーグにスポットを当てて、セ・リーグの歴史や優勝の記録とその傾向について紹介したいと思う。

そもそも「セ・リーグ」ってなに?

そもそも「セ・リーグ」とはどういうものなのか紹介する。セ・リーグという呼び名はセントラル野球連盟の略称で、正式には「日本プロ野球組織セントラル・リーグ運営部」と言う。1949年に新球団加入をめぐる対立が原因で、もともとひとつだった日本野球連盟から2つの野球連盟に分裂した際に、加盟反対派の読売ジャイアンツ(巨人)を中心とした合計7球団でセントラル野球連盟が結成された。これが、セ・リーグの歴史のはじまりだ。

セ・リーグの加盟チーム変遷の歴史

1949年のセ・リーグ発足当時は、読売ジャイアンツ(巨人)、中日ドラゴンズ、松竹ロビンス、大阪タイガース(現:阪神タイガース)、西日本パイレーツ、広島カープ(現:広島東洋カープ)、大洋ホエールズ(現:横浜DeNAベイスターズ)の計7球団があった。翌年の1950年には国鉄スワローズ(現:東京ヤクルトスワローズ)が加わり合計で8球団となったが、1951年に西日本パイレーツが脱退し、7球団に戻った。
また、1952年には大洋ホエールズが松竹ロビンスを吸収して大洋松竹ロビンスになったことで合計6球団になり現在にいたる。

おすすめの記事