「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

東北楽天ゴールデンイーグルスのスポンサーとのかかわり方

2016 9/16 20:29
東北楽天ゴールデンイーグルス
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by David Lee/Shutterstock.com

2005年にプロ野球に新規参入した東北楽天ゴールデンイーグルスは、スポンサーとのかかわりを一新したことによって、黒字化経営に成功している。
その源はどこにあるのか、気になる情報をまとめてみた。

東北楽天ゴールデンイーグルスとは

東北楽天ゴールデンイーグルスは、宮城県仙台市の楽天Koboスタジアム宮城を本拠地とする日本のプロ野球球団で、パシフィックリーグに所属している。プロ野球再編問題で、赤字化していた大阪近鉄バッファローズとオリックス・ブルーウェーブの合併の中で2005年に始動した、歴史の浅い球団だ。
浅い歴史にも関わらず、巨人と阪神以外は儲からないといわれていた日本のプロ野球の中で、東北楽天ゴールデンイーグルスはパシフィックリーグでの黒字化経営を達成している。

東北楽天ゴールデンイーグルスの黒字化の要因とスポンサーとのかかわり

黒字化の要因は、試合の曜日や対戦カードによって料金を変更するフレックスプライスや席の種類の豊富さもあるが、スポンサーによる広告収入を大幅に引き上げることに成功したことも大きな理由といえる。野球といえば、球場にはじまり、ヘルメットから左袖・パンツ・左胸・ベンチシートと各所にスポンサーのロゴが配置されている。
その他、東北楽天ゴールデンイーグルスでは、スポンサーシッププログラムとして、ブランドイメージや顧客満足度の向上、企業や商品の認知度アップや販売促進などを唱っている。しかし、それ以外にも東北楽天ゴールデンイーグルスはさまざまな権利を売っている。

おすすめの記事