「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

埼玉西武ラインズのスポンサーの豆知識!

2016 9/16 20:29
埼玉 西武ライオンズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Everything/Shutterstock.com

プロ野球で忘れてはいけないのがスポンサーだ。
応援したいチームが頑張れるのも、スポンサーが継続して支援してくれるからこそ。
今回は埼玉西武ライオンズのスポンサーを紹介する。

ユニフォームはおまかせ!頼れるスポンサー【マジェスティック】

野球では必ずユニフォームを着る。プロともなれば試合中に激しい交錯プレーなども多いので、丈夫なユニフォームが不可欠だ。このユニフォームを供給するスポンサーをサプライヤーという。スポンサー料としてお金の代わりに物を提供する契約を交わす。マジェスティック社はアメリカメジャーリーグの公式ユニフォームサプライヤーとして実績をもつ会社だ。2016年シーズンから埼玉西武ライオンズのチームユニフォームを供給することになった。
この場合マジェスティック社が得るメリットは、「プロ野球の公式ユニフォームサプライヤー」という称号だ。この称号があることで、自社製品の高品質をアピールすることができるわけだ。もちろんユニフォームの胸部分にも同社のロゴが表示されるので、広告効果も絶大なものがある。

15年間にわたりスポンサーをつとめた【ナイキ】

2016年シーズンからユニフォームのサプライヤーがマジェスティック社になる前、実は2001年から2015年まで、「ナイキ」が西武ライオンズのユニフォームのサプライヤーだった。
ナイキはスパイクやグラブのサプライヤーとしては有名だが、実は日本の球団でナイキのユニフォームを採用しているのはライオンズだけだった。プロスポーツでのスポンサー契約は短い場合は1年単位、もっとも多いのが3年単位での契約だ。あまり長い契約期間を交わさないのは、プロスポーツの場合、チームの成績の上下によってスポンサーのイメージも上下してしまうというリスクがあるからだ。
ライオンズはナイキがスポンサーになってからリーグ優勝3回、日本一2回という好成績を残してきた。そのため15年間という長期にわたり信頼関係を結んでこれたのだろう。

おすすめの記事