「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ファン必見!千葉ロッテマリーンズのスポンサーまとめ

2016 9/16 20:29
千葉ロッテ スポンサー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Brent Hofacker/Shutterstock.com

プロ野球パ・リーグの千葉ロッテマリーンズは近年、クライマックスシリーズからの日本一を果たすなど、強豪へと成長を遂げたチームだ。
そんなチームの財政を支える大切なスポンサーの存在について、みなさんはどれほどご存知だろうか。
知っているようで知らなかったスポンサーの秘密に迫る。

千葉ロッテマリーンズになるまでの歴史

千葉ロッテの名前通り、オーナー会社は日韓において幅広く活躍するロッテグループだ。今でこそ長くオーナーが続いているが、前身は毎日新聞社が経営母体だった「毎日オリオンズ」(1950?57年)、映画会社がオーナーだった「大映ユニオンズ」と対等合併して「毎日大映オリオンズ」(1958?63年)、大映資本が中心の「東京オリオンズ」(1964?68年)と数年の間に球団名とオーナー会社がすぐ入れ替わる状態だった。
1969年にロッテが現在でいう命名権を買収する形で、大映が経営を行っているものの、球団名は「ロッテオリオンズ」(?91年)に変わる。この間、仙台、川崎と本拠地が入れ替わり、92年から現在の千葉市へと移転したのをきっかけに「千葉ロッテマリーンズ」となる。91年にはロッテの重光昭夫氏が球団社長代行に就任している。

千葉ロッテマリーンズからの”おいしい”プレゼント

親会社がお菓子で知られるロッテだけあって、千葉ロッテの試合に訪れると”美味しい”キャンペーンを体験することができる。例えば夏の一部の対象試合では「ロッテアイス祭り」と称して、ロッテのアイスが先着で無料配布される。観戦のお供にぴったりだ。
また、マッチデーでは企業とのタイアップが実施され、来場者にさまざまなプレゼントが当たる。スポニチを持参、購入すると選手のサイン入りグッズが当たったり、球場の正面にあるアパホテルとのタイアップで宿泊券、JALスペシャルナイターでは国内線航空券などが当たる抽選会にも参加できる。

おすすめの記事