「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

スポンサーとの関わりから見る、オリックス・バファローズ徹底解剖

2016 9/16 20:29
オリックス・バファローズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mikeledray/Shutterstock.com

全国のオリックス・バファローズファン必見!
ここでは商人の街・大阪を本拠地とする同球団のスポンサーにまつわる話を紹介しよう。
スポンサー企業の特徴を中心にその実情を徹底解剖する。

【オリックス&近畿日本鉄道】球団の礎となった2大スポンサー

オリックス・バファローズは、オリックス・ブルーウェーブと大阪近鉄バファローズのパ・リーグ所属2球団が合併して2004年に誕生した。近鉄こと近畿日本鉄道は関西人にとって主要な公共交通機関の一つだ。1949年に近鉄パールズが誕生以来、そして前身となる近鉄バファローズ時代を経て、約60年間にわたりプロ野球事業に関わってきた。
今もチーム名になっているオリックスグループは、大阪に本社を構える総合リース企業だ。金融業や不動産、電力事業など業務を多角化している。阪急ブレーブスを買収した1988年から現在もなお球団経営に携わっている。

【ポンタ】コラボLINEスタンプが大人気のスポンサー

2016年のキャップスポンサーを務めるのが、みなさんお馴染みのポイントサービス「ポンタ(PONTA)」だ。Twitter上ではユニフォームをまとったバファローズポンタ(@bs_ponta)が試合結果をアナウンスしてくれる。ここ最近は負けが込んでおり、勝ちゲームに見放されがちなバファローズ。ツイートに添付される画像が物悲しいけれども、なんだかかわいいということで注目を集めている。
好評を博したこの画像たちは、先日まとめてLINEスタンプとして発売されたばかり。40種類のスタンプが含まれているということだが、チームの成績に合わせて作られているため、敗戦時のスタンプが多めとのことだ。ソーシャルメディアを活用した一大プロジェクトとなりそうだ。

おすすめの記事