「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【徹底解剖】福岡ソフトバンクホークスのスポンサー

2016 9/16 20:29
ソフトバンクホークス
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Haslam Photography/Shutterstock.com


少し前になるが2015年に福岡に本拠地を置くソフトバンクホークスは日本一に輝く。九州地方の雄であり、看板であるソフトバンクホークスのスポンサーにスポットを当てて、企業ごとにどのような取り組みがあるのかを徹底解剖する。

【ソフトバンク】親会社として手厚く福岡ソフトバンクホークスをフォロー

2004年に推定200億円というビッグディールで球団を買収したソフトバンクグループ。ソフトバンクホークスとなってからは孫正義オーナーを筆頭に手厚くチームをフォローしてきた。
携帯電話のユニークなCMでおなじみになった白い犬の「お父さん」がホークス応援隊長に就任したり、リーグ優勝を決めた後の胴上げシーンでは、選手たち数名が「お父さん」のぬいぐるみを手にしてジャンプするなど、選手、スタッフ、フロント、経営陣の結束を感じることができる。

【サントリー】鷹の祭典を盛り上げるスポンサー

全国で愛される缶コーヒーの「BOSS」が、今年はホークスの夏のイベントシリーズ「鷹の祭典」をバックアップしている。毎年カラフルなユニフォームで注目を集めるこのシリーズだが、今シーズン選手たちは「チャンピオンブルー2016」を着用。そのデザインに、ホークスキャップを被ったBOSSのパッケージでお馴染みのシブーいおじさんをプリント。
このコラボユニフォームのプレゼントキャンペーンを展開した。スタンドを真っ青に染めて優勝に向けてひた走るチームを後押ししている。

おすすめの記事