「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

広島東洋カープの歴史とスポンサーにまつわるお話5つ

2016 9/16 20:29
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by T.Frazier/Shutterstock.com

長い歴史を持つプロ野球は各球団それぞれに様々な逸話があり、そして多くのスポンサーに支えられてきた。広島東洋カープファンならば知っておきたい球団の歴史やスポンサーにまつわるお話を紹介する。

広島東洋カープの前身「広島カープ」設立

1949年、プロ野球リーグ拡張の方針がきまり、広島の球団創設の動きが起こる。広島の新聞社や有力者が中心となって話は進み、9月25日には市民球団として「広島野球倶楽部」が設立、チーム名は広島の太田川が鯉の産地であること、原爆で焼け落ちた広島城が「鯉城」と呼ばれていたことなどから、鯉を意味する「広島カープ」という名称にしてリーグ参加を申請した。
そして11月28日に正式にリーグ参加の承認を受けた。これが広島東洋カープの前身となる。

広島東洋カープが「広島カープ」だったころ

設立から翌年の1950年にはチーム結成披露式を行い、ファン2万人を集めるという順調な出だしだったが、この年のリーグ戦は13連敗を喫するなど最下位に沈む。この後も成績の低迷と資金繰りに苦しむ。資金は広島県、広島市、呉市と地元のスポンサー企業である中国新聞社、日本専売公社、広島電鉄、東洋工業などによる出資や、後援会によって集められたが負債は膨らみ、他球団との合併が進められることもあった。
1955年には借金を帳消しにするため、「広島野球倶楽部」を倒産させて、「株式会社広島カープ」を設立するという手法でチームを存続させた。

おすすめの記事