「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

知っておきたい阪神タイガースのオフィシャルスポンサー

2016 9/16 20:29
阪神タイガース スポンサー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Nicole K/Shutterstock.com

プロ野球チームにはそれぞれ契約を交わした「オフィシャルスポンサー」がある。
スポンサーによる支援は球団運営にとり不可欠といえる。
ファンならば知っておきたい阪神タイガースのオフィシャルスポンサーを紹介する。

阪神タイガースのオフィシャルスポンサー

オフィシャルスポンサーとは、球団の経営趣旨に賛同し、「お互いの成長」を目的として契約を交わした企業や公益団体のことを言う。具体的には、ユニフォームやヘルメットに名前を入れることができるのが、オフィシャルスポンサーだと言える。
2013年から球団初のオフィシャルスポンサーとなったのが、上新電機株式会社とミズノ株式会社の2社。ここに、2014年度から株式会社ローソンが加わり、阪神タイガースのオフィシャルスポンサーは合計3社となった。

阪神タイガースのオフィシャルスポンサー【上新電機株式会社】

2013年から、球団初のオフイシャルスポンサーとなった上新電機株式会社は、大阪市浪速区に本社を置く昭和23年創業の家電量販店だ。全国に200店舗以上を展開する東証一部上場の企業で、会社のスローガンは「まごころサービス」。球団のホームゲーム用ユニフォームの袖とヘルメットに「Joshin」のログマークが入っている。
上新電機株式会社のCMキャラクターとして、上本博紀、藤浪波晋太郎、梅野隆太郎の3人の選手が起用されている。

おすすめの記事