「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【徹底解剖】読売ジャイアンツのスポンサーとは

2016 9/16 20:29
読売ジャイアンツ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Brent Hofacker/Shutterstock.com

読売ジャイアンツのスポンサーにスポットを当て、ジャイアンツを支える企業の取り組みを紹介する。

【アットホーム株式会社】チーム独自の月間MVPを選出するスポンサー

読売ジャイアンツのオフィシャルスポンサーである、不動産情報サービスを提供する「アットホーム株式会社」。本拠地である東京ドームでは、グラウンドにせり出した臨場感抜群の「アットホームエキサイトシート」を提供。そのほかにも、毎月ファンが選ぶMVP賞「アットホームヒーロー賞」には、授賞式に選ばれたファン自ら登壇し、選手と対面できる特典も付いてくる。
また、夏休みにはスポーツ報知と連携してキッズ記者取材企画を実施。子どもたちが憧れの選手たちを間近にしながら職業体験できるという、貴重なチャンスを提供する。

【日本大学】ジャイアンツ史上初となる大学スポンサー

日本大学は、大学としては国内最多の学生数を誇る私立大学だ。今シーズンからジャイアンツのオフィシャルスポンサーを務めている。現選手会長の長野久義選手や、村田修一選手、戸根千明投手は日本大学OBであり、他球団にも多数のプロ選手を輩出している。「スポーツの日大」と称されるほどで、スポーツと密接なつながりを持っている。
今シーズンは3回のスポンサードゲームである「日本大学デー」を開催。初開催となった5月の試合では、OBであり角界で人気を博す力士・遠藤が始球式に登場して話題を呼んだ。そのほか、各地での野球教室の開催も予定している。

おすすめの記事