「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

今が黄金期!?福岡ソフトバンクホークスの応援に行こう!

2016 9/16 11:29
ホークス 2016年
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Pavlo_K/Shutterstock.com

14・15年と2年連続日本一、特に15年はシーズン・交流戦・日本シリーズすべてを制し、完全優勝をも成し遂げた福岡ソフトバンクホークス。まさに今、黄金期を迎えています。
それに加えて本拠地のヤフオクドームもとっても素敵な球場です。ぜひとも1度、応援に行ってみませんか?

ホークス野球の魅力とは

まずはホークスがどんな野球をしているか説明していきましょう。ホークス野球の魅力、それは圧倒的な戦力からなる横綱野球にあるといえるのではないでしょうか。豪快なホームランを打てるバッターもいれば、小技が光るいぶし銀のような選手、華麗な守備が持ち味の選手などなど、とにかく戦力が高いレベルでバランスよく揃っているのです。投手も先発・中継ぎ・抑えと盤石。穴が全く見当たりません。
しかし戦力の豊富さだけでなくその雰囲気の良さにも注目していきたいところ。ホークスの雰囲気の良さは12球団でも随一といわれており、見ているとこちらまで前向きな気持ちになることができるでしょう。昔からリーダーシップに長けた選手たちが多く、少し前だと小久保裕紀さんや川崎宗則さん、今なら松田選手なんかがよく声を出していますね。なかなかテレビで観戦していても伝わりづらい部分。
ぜひとも現地へ行った際は、こういったところにも注目してもらいたいところです。

ヤフオクドームに行こう!

もちろんホークスの本拠地であるヤフオクドームもなかなか魅力的な球場です。内野席・外野席ももちろん良いのですが、何といっても特別シートが多いのが嬉しいですね。ヤフオクドームは応援団を含めてすごく雰囲気がいいので、どこの席でも試合を楽しむことができるかと思います。ですが、あまり後ろの方の席だと試合が見にくいという声もあるので、事前に指定席を買っておいた方が確実でしょう。チケットはネット・コンビニ・電話から購入が可能です。
また2015年より設置された「ホームランテラス」によって、たくさんホームランが出るようになったのも新たなヤフオクドームの魅力でしょうか。それまでは最もホームランが出にくい球場の1つだったのですが(2014年の1試合当たりの平均本塁打数は1.04、東京ドームは2.00なので約半分しかない)、昨年は12球団で1位となる141本の本塁打を放ちました。設置前は賛否両論ありましたが、やっぱり野球の花形はホームラン。今年もヤフオクドームでたくさんのホームランが見られるはずです。

おすすめの記事