「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

中日ドラゴンズを応援しよう!おすすめはナゴヤドーム!

2016 9/16 11:29
ナゴヤドーム
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by David Lee/Shutterstock.com

皆さんは中日ドラゴンズの応援に行ったことがありますか?
昨年は多くのベテラン選手が引退したこともあり、今はかなりフレッシュな顔ぶれがズラリ。チームの雰囲気もガラッと変わっているので、すごく入りやすい雰囲気となっています。
初めての観戦なら、今が絶好のチャンスですよ!

中日ドラゴンズってどんなチーム?

まずは中日ドラゴンズがどんなチームなのかを紹介します。
このチームを簡単に表すとすれば、ずばり「堅いチーム」でしょうか。打って打って打ちまくるというよりは、1点を守り切る堅実な野球をするチームという印象を受けます。どちらかといえば玄人好みのチームかもしれません。
ですがそれは昨年までの話。冒頭で紹介した通り、昨年中日はたくさんのベテラン選手が引退しました。プロ27年目だった谷繁選手兼任監督をはじめとして、19年目の小笠原道大選手・和田一浩選手、そして30年目の山本昌選手。みんな球史に名を残す名選手たちでしたね。
そしてその結果今の中日メンバーには若い顔ぶれが多く並んでいます。もちろん守備の堅実さは今まで通り大切にしているのですが、スピード感あふれる選手、一発長打のある選手も新加入。今まで以上にバリエーションに富んだ野球を見せてくれるでしょう。

2016年の注目選手はこの人!

若手が並ぶ打線の中でも、最も注目したいのは高橋周平選手ですね。今年5年目の22歳で、長打力が持ち味の選手です。入団時から期待されていた存在であったものの、昨年まではなかなか殻を破れない状態が続いていました。しかし今年は開幕から3番に定着するとここまで3割前後の打率をキープ。さらに勝負強さも加わり、いまや打線を牽引する存在です。今後も竜の未来を担うであろうこの選手、今からチェックしてみて下さい。
そしてもう1人今年の中日を語る上で欠かせないのが、新加入のビシエド選手。キューバ出身の内野手で、メジャー通算66本塁打の実績をひっさげ中日へやってきました。オープン戦ではそれほど注目されてはいなかったのですが、シーズンに入るとまず阪神との3連戦で3戦連発を含む13打数8安打と打ちまくり、打率.615・3本塁打・6打点と驚異的な成績を残しました。これには阪神ファン、中日ファンのみならず全プロ野球ファンが度肝を抜かれましたね。それ以降も勢いがとどまることなく打ち続け、すでに史上最強助っ人との呼び声も高い選手。とにかく打球のスピードが速いので、ぜひとも球場で生で見てほしい選手です。

おすすめの記事