「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

坂本勇人は巨人史上初の生え抜き右打者の40本塁打に届くか

2019 8/21 06:00勝田聡
笑顔でバットを持つ坂本勇人ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

坂本勇人が未知の領域へ

巨人の坂本勇人が順調に本塁打を積み重ねている。8月19日終了時点ですでに2010年に記録した自己最多の31本塁打を更新する32本塁打を記録。これはリーグトップの数字であり、自身初の本塁打王も十分に狙える本数でもある。

もちろん本塁打が増えたからといって、打率が極端に落ちているわけではない。

現時点で打率.311(441-137)となっており、昨シーズンの打率.345(441-152)と比べると若干下がっているものの3割をキープ。アベレージを残しつつ、本塁打を伸ばすことに成功したわけだ。

それだけではない。このままのペースで推移すれば143試合換算で41.6本。40本塁打の大台も視野に入ってくる。

巨人の歴史を振り返ると、この40本塁打が意外にむずかしい。王貞治や松井秀喜といった左打者はクリアしているものの、「生え抜きの右打者」において大台超えはひとりもないのである。

おすすめの記事