「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ソフトバンクが主力復帰で混パ抜け出すか 日本ハムは王柏融が復帰も4位に転落

2019 8/13 11:11勝田聡
イメージ画像ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

首位ソフトバンクが抜け出すか

パ・リーグは順位に大きな変動があった。首位のソフトバンクは変わらずだが、西武が2位に浮上。楽天の3位は変わらず、日本ハムが4位に転落している。ここまでの4チームが勝率5割以上。しかし5位のロッテも借金はわずかに「3」。最下位のオリックスに至っても借金は「7」しかない。

ゲーム差で見ても3位の楽天から最下位のオリックスまでは5ゲーム差。首位ソフトバンクと2位西武のゲーム差と同じである。まだまだ混戦は続きそうだ。

パ・リーグ順位表ⒸSPAIA

ⒸSPAIA

ソフトバンクは主力が揃って一軍復帰

8月10日、ソフトバンクは5人の主力選手を一軍に登録した。それはキューバ代表として国際大会を戦っていたリバン・モイネロ、ユリスベル・グラシアルの2人。そして川島慶三、福田秀平、中村晃の3人である。これまでベストメンバーで戦えていなかったソフトバンクの戦力が一気に充実してきた。この5選手が復帰した当日から行われた日本ハムとの3連戦で3連勝。2位西武との差は5に広がっており、再び独走態勢に入りつつある。

これからの夏場は今まで以上に、選手たちのコンディション維持が難しくなってくる。その中で、比較的フレッシュな主力選手が一軍に復帰するのは心強い。ここまで続いていた混戦から抜け出すことになるかもしれない。

おすすめの記事