「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

巨人が7点差逆転で勢いに乗り首位キープ!広島は連敗で首位と3.5ゲーム差に

2019 8/12 11:00勝田聡
イメージ画像ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

首位巨人と2位DeNAのゲーム差は「2」

8月も半ばに入った。セ・リーグは9連戦の真っ只中。順位争いはますます激しくなってくる。

8月5日から11日は順位に変動はなかった。しかし首位の巨人と2位DeNAのゲーム差は0.5から2に広がった。3位の広島はさらに1.5ゲーム差となっている。首位とのゲーム差は広がったが、3位と4位のゲーム差は4.5あり、依然として上位3チームによる争いには変わりない。

セ・リーグ順位表(8月11日終了時点)ⒸSPAIA

ⒸSPAIA

首位の巨人は8月12日から広島との三連戦。広島は巨人との三連戦後、週末にはDeNAとの三連戦が控えている。この週の勝敗が大きくシーズンを左右することになりそうだ。

4位の阪神は3位の広島と4.5ゲーム差。前の週と変化がない。5位中日、6位のヤクルトは、それぞれ3位まで7.5ゲーム、14ゲーム差となっておりCS進出は厳しい状況だ。

ラミレス監督の用兵ずばり!「筒香・三塁」「伊藤裕スタメン抜擢」

ラミレス監督の用兵が的中した。8月9日の試合で本来は左翼の筒香嘉智を5年ぶりに「三塁」としてスタメン起用。その試合でグランドスラムを含む2本塁打を放ち7打点を挙げる大活躍。チームの勝利に大きく貢献した。

翌10日の試合ではドラフト2位の新人・伊藤裕季也を5番に抜擢する。その伊藤裕が2本塁打を放ち試合をモノにしたのである。宮﨑敏郎が骨折し今シーズン絶望となったが、その他の選手たちで穴を埋めていく。

おすすめの記事