「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

中日・大野雄大、広島・中村恭平ら 今季活躍目立つ88年世代の左腕たち

2019 7/11 11:23勝田聡
大野雄大ⒸYoshihiro KOIKE
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸYoshihiro KOIKE

田中将大がMLBオールスターに出場

7月9日(日本時間7月10日)、MLBではオールスターゲームが行われた。日本人選手としては田中将大(ヤンキース)が出場。アメリカン・リーグの2番手として登板し、1回を無失点投球で勝利投手となった。順位争いが激しくなる後半戦へ向け、上々のマウンドだったと言えるだろう。

その田中は88年世代(1988年4月2日〜1989年4月1日)の筆頭格である。前田健太(ドジャース)や坂本勇人(巨人)、柳田悠岐(ソフトバンク)、秋山翔吾(西武)と日米に多くのスター選手がおり、まさに「黄金世代」とも呼べる豪華メンバーがそろっている。

そんな中、田中や前田が段違いの実績を残していることもあるが、世代を代表する左腕というとなかなか思い浮かぶ選手がいない。しかし、今シーズンのNPBでは88年世代の左腕が好投を続けている。

復活した大野雄大と塩見貴洋

復活を遂げたのが大野雄大(中日)と塩見貴洋(楽天)である。

大野は中日の左腕エースとして2013年から3年連続で2ケタ勝利を達成。日本代表に選ばれるほどの投球を見せていたが、その後成績は伸びず昨シーズンはまさかの未勝利。6試合で0勝3敗、防御率8.56と後がない状況だった。

しかし、今シーズンはすでに5勝をマーク。防御率3.07と安定した投球でチームを支えている。左腕エースの復活はチームにとっても大きい。右の柳裕也とともにチームを引っ張っていくことが求められる。

大野雄大、塩見貴洋の今シーズン成績

ⒸSPAIA


故障で出遅れていた塩見も好調だ。昨シーズンの勝利数を超える3勝を挙げ、防御率3.00。7試合中、5度のクオリティー・スタート(QS:6回以上自責点3以下)を達成しており、安定感がある。チームの柱は則本昂大、岸孝之といったエース級の右腕だが、辛島航とともに左腕としてローテーションを支える存在となりたい。

おすすめの記事