「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

中村恭平に阿部寿樹 遅咲きのブレイク候補たち

2019 7/10 11:00勝田聡
中日ドラゴンズの阿部寿樹ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

1988年生まれ世代の中村恭平が9年目の開花

各チーム80試合前後を消化し、今シーズンのプロ野球ペナントレースも試合数は折り返し地点を過ぎたことになる。

高卒2年目の村上宗隆(ヤクルト)や高卒3年目の山本由伸(オリックス)らが序盤から結果を残し、球界を盛り上げている。彼らのような若きニュースターの躍動は新しい時代の到来を予感させてくれる存在だ。

一方でこれまでに大きな実績がなかったにもかかわらず、年齢的には中堅となってから結果を残す遅咲きの選手もいる。

2010年ドラフト2位で、富士大から広島に入団した中村恭平(広島)もその一人。斎藤佑樹(日本ハム)や大石達也(西武)と同じ1988年世代(1988年4月2日〜1989年4月1日生)でもある。ちなみにこのドラフト、高卒組では山田哲人(ヤクルト)や西川遥輝(日本ハム)といった、今やリーグを代表する選手たちも指名されている。

そんな中、中村が昨シーズンまでの8年間で挙げた白星はわずか2つ。登板試合数も40試合となっており、活躍していたとは言いがたかった。

しかし、今シーズンは中継ぎ左腕としてここまで24試合に登板し、防御率1.63。また、27.2回で36三振とK/9は11.71と優秀な数値を示している。7月3日にコンディション不良で登録を抹消されてしまったが、中継ぎ陣を支えてきたことは間違いない。後半戦で再び戻ってくることに大きな期待がかかっている。

おすすめの記事