「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

阪神・藤川球児 全盛期を彷彿とさせる安定感でタイトルも射程圏内

2019 7/7 11:00浜田哲男
阪神タイガースの藤川球児ⒸYoshihiro KOIKE
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸYoshihiro KOIKE

NPB復帰以来、最高の状態

今季、阪神の藤川球児が抜群の安定感を見せている。セットアッパーとして29試合に登板し、4勝17ホールド(21ホールドポイント)、防御率1.21。現在、24ホールドポイントでリーグトップの中日のロドリゲスとはわずか3ホールドポイント差。2006年以来の最優秀中継ぎ投手のタイトルも射程圏内だ。

昨季は11.10だった奪三振率も、今季は2011年にマークした自己最高の14.12に迫る13.65。さらに被打率は.135と、これまでのところはセットアッパーとして申し分のない成績を残している。また、かつて見せていたほどの頻度ではないが、打者の手元で伸び上がると言われた往年の「火の玉ストレート」を彷彿とさせる直球も時折見られる。

今季は今のところ、直球で最速151km(自己最速は156km)をマーク。2016年にNPBのマウンドに戻って以来、最もコンディションが良いのではないだろうか。

おすすめの記事