「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

田嶋大樹が復帰のオリックス 山本、榊原ら若手による投手王国の確立へ

2019 6/12 11:00浜田哲男
オリックス・バファローズの田嶋大樹ⒸYoshihiro KOIKE
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸYoshihiro KOIKE

1年ぶりの復帰登板で白星

オリックスに頼もしい男が帰ってきた。昨季、ルーキーながら6勝(3敗)を挙げた左腕・田嶋大樹だ。約1年ぶりの復帰登板となった6月5日のDeNA戦では、6回途中4安打無失点の好投を見せ、チームを勝利に導いた。

最速146kmの直球を主体に得意のスライダーを織り交ぜ、打たせてとる余裕のピッチングを披露。DeNA打線を手玉に取り、「相手投手を認めざるをえない」とDeNAのラミレス監督をうならせた。

オリックスは、昨季前半戦だけで9勝を挙げた左腕・アルバースが、腰部の検査のためカナダへ一時帰国することを発表。今季は7試合に先発し、1勝2敗、防御率6.11という成績だったが、貴重な先発左腕を欠く状況に田嶋の復帰は朗報。リーグ最下位からの巻き返しを図る上で、これ以上にないピースとなりそうだ。

力みがなくなり、制球が安定

田嶋といえば、体が少々早めに開く変則気味の投球フォームが特長。しなやか且つ振り回すように腕を使い、どちらかといえば、下半身よりも上半身に力の入った投球フォームという印象だった。

今季の投球フォームも昨季とほとんど変わらないように見えるが、左肘を故障する前に比べ、上半身と下半身がスムーズに連動し力みがなくなっているように感じる。そのせいか、6月5日のDeNA戦の登板では制球が安定しており、球は低めに集まっていた。

今季はまだ1試合しか投げていないが、直球の割合は約69%と高く(昨季は約58%)、スライダーが約24%(昨季は約20%)。チェンジアップやカーブも投げるが、直球とスライダーのコンビネーションを主体とした配球は昨季同様。変則気味の投球フォームで球持ちも良いため、打者が差し込まれている場面も目立った。

今後は、コンディションを慎重に見極めていくため、登板間隔を空けながら起用されるようだが、DeNA戦のような投球が維持できれば、計算できる先発投手がまた一人加わることになる。

おすすめの記事