「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

桜井俊貴、中川皓太らが開花の兆し 巨人の2015年ドラフト組

2019 6/12 07:00勝田聡
巨人・桜井俊貴ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

いまひとつだった2015年ドラフト組

今シーズンで4年目を迎える2015年ドラフト入団組。既に日本代表にも選ばれている今永昇太(DeNA1位)や吉田正尚(オリックス1位)は球界を代表する選手になりつつあり、多和田真三郎(西武1位)や茂木栄五郎(楽天3位)はチームの中心選手に成長した。

ところが、巨人に指名された選手は思うような結果を残せておらず、強いて言えば、ドラフト2位の重信慎之介が昨シーズンまでの3年間で159試合に出場、ドラフト7位の中川皓太が50試合に登板しているぐらいだった。

しかし今シーズン、そんな彼らが開花し始めた。

中川皓太はブルペンで最も信頼される男へ

最もブレイクしているのは、前述の中川皓太だろう。

1年目の2016年から2試合と少ないながら一軍での登板機会を得ると、2017年には18試合、2018年には30試合と徐々に出番を勝ち取っていく。だが、防御率は3年間トータルで5点台、2017年の1試合を除くと、全て中継ぎでの登板だったが勝ちパターンでの起用はなかった。

そんな中川が今シーズンはブルペンの大黒柱となっている。開幕から勝ちパターンの一角として起用されると、16試合連続無失点を記録し信頼を勝ち取った。すると、守護神のライアン・クックが登録抹消後は「ポリバレント・クローザー」として最終回を任されることも。

6月4日にスコット・マシソンが一軍に復帰してきたとはいえ、依然苦しい中継ぎ陣の中で最も頼れる存在になったと言える。

おすすめの記事