「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本ハム、ロッテ、楽天が同率2位で首位ソフトバンクを追う【パ・リーグ1週間まとめ】

2019 5/13 17:47勝田聡
イメージ画像ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

ソフトバンク:首位キープも2試合連続サヨナラ負け

先週戦績:2勝4敗

前の週から続いていた連勝が、5月8日の楽天戦で敗れ「5」で途切れた。この試合は8回表終了時点で7対3と大きくリード。しかし、8回に2点を失い、9回にはクローザーの森唯斗がまさかの乱調。1死満塁のピンチを招くと連打を浴びサヨナラ負けを喫してしまう。翌日の試合でも8回に同点に追いつかれ、9回裏にサヨナラ負け。2試合連続でのサヨナラ負けとなった。

そのなかでも光ったのが大竹耕太郎だ。5月9日の試合で7回2失点の好投。勝ち星はつかなかったが、ここまで44.1回を投げ防御率1.02はリーグトップ。育成上がりの2年目がローテーションの一角をしっかりと支えている。

日本ハム:谷口雄也が今季初本塁打

先週戦績:3勝3敗

日本ハムは一進一退が続いている。ここまで連勝も連敗もともに「3」が最大となっていることからもそれがよくわかる。先週も3勝3敗とまさに「らしい」星取りとなった。

明るい話題もいくつかある。右膝の故障で昨シーズンをほぼ出場できなかった谷口雄也が5月11日に今季初出場。その試合で2安打を放つと、翌日には今シーズン初本塁打をマーク。膝の故障から復帰し、レギュラー争いに名乗りを上げた。

また、左太もも裏痛で離脱していた王柏融が、5月11日の二軍戦で復帰。その試合では安打もマークしており、14日から一軍に上がることになりそうだ。台湾からの助っ人がチームを上昇させる起爆剤となるかもしれない。

おすすめの記事