「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

主力4人離脱のヤクルトで代役が躍動!上位争い踏みとどまる

2019 5/14 07:00勝田聡
坂口智隆ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

石山泰稚ら主力4人が離脱中

今シーズンのペナントレース開幕から1カ月以上が経過。現在の順位を見ると、セ・リーグでは巨人とヤクルトが首位を争っている。両チームとも主軸選手を怪我や不振で欠くなか、ここまでの位置にまでつけており、出だしは悪くないといえる。

苦しい状況が続いているヤクルトは、開幕3戦目に坂口智隆が骨折により戦線離脱となり、一塁だけでなく外野も守れるリードオフマンを失ってしまった。その後は大きな故障者を出さずに踏みとどまってきたが、5月2日にウラディミール・バレンティンが上半身のコンディション不良で登録を抹消。

前日の5月1日のDeNA戦では、スタメン出場を果たしたものの2回の守備から退き、当日の試合前にはシートノックにも加わっていなかったことから、既にその時点でなんらかの前触れがあったと思われる。

バレンティンの離脱に伴いスタメン起用されていた上田剛史も死球を受け、登録を抹消されている。さらに5月6日には守護神の石山泰稚も上半身のコンディション不良で離脱となってしまった。

開幕から1カ月あまりで、主力選手4人が不在となってしまったのだ。

おすすめの記事