「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

巨人が首位キープ、坂本勇人が開幕からセ新の36試合連続出塁【セ・リーグ1週間まとめ】

2019 5/13 17:35勝田聡
坂本勇人ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

巨人:坂本勇人が開幕から36試合連続出塁のセ・リーグ記録樹立

先週戦績:3勝2敗

首位を走る巨人は前半のDeNA戦で連勝し、後半にヤクルトとの首位攻防戦に臨んだ。その第1戦(5月10日)では打線が爆発し、23安打19得点で快勝。その後も一気に抜け出すかと思われた残り2戦だったが、ともに接戦を落としてしまい、ヤクルトに1ゲーム差まで詰め寄られ、この週を終えている。

5月12日のヤクルト戦で巨人の坂本勇人が第1打席に安打を放ち、開幕から続いている連続試合出塁記録を「36」に伸ばした。これで1997年の金本知憲(広島)が記録した35試合を超え、セ・リーグ記録となった。

ちなみに開幕からの連続試合出塁記録のプロ野球記録は、1983年にスティーブ(西武)が記録した40試合。

ヤクルト:故障者続出の危機の中、村上宗隆が躍動

先週戦績:3勝2敗1分

5月8日の阪神戦で青木宣親が頭部死球を受け、一触即発の事態となった。この試合は0対5と5点ビハインドの8回に同点とし、延長戦へと突入。12回表に2点を失うが、その裏に2点を奪い同点に持ち込む驚異の粘りをみせている。週末に行われた巨人との首位攻防戦では初戦を大敗で落としたものの、その後を連勝。1ゲーム差の2位でぴったりマークしている。

故障者が続出しているヤクルト。5月6日に守護神の石山泰稚が上半身のコンディション不良で登録を抹消され、5月11日の試合からは青木宣親がスタメンを外れている。同日に山田哲人も途中交代し、翌日の試合にも出場していない。また、5月12日の試合で西浦直亨も途中交代と苦しい状況が続く。

そんななか、19歳の村上宗隆が10号本塁打を放ち、12日の試合では4番に座った。チームの危機で10代の若武者が打線を引っ張っている。

おすすめの記事