「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

阪神・近本光司、関西が生んだ新星が14年ぶりVのキーマン

2019 5/12 07:00浜田哲男
近本光司ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

ファンからは称賛の声が多数

阪神に待望のニュースターが誕生した。トップバッターとして走攻守でチームを牽引する近本光司だ。俊足好打が売りの近本は赤星憲広の再来と入団以来期待されていたが、これまでファンの期待以上の活躍を見せている。

「チャンスで近本に回れば、絶対に点が入るって勝手に思っている自分がいる」「多くの試合で勝ちに繋がるきっかけを作ってくれるから、本当に毎打席見ていて楽しい」「近本がいなければ、ここまで勝ってなかった」など、SNSにはファンからの称賛の声が絶えない。

アマチュア時代に走攻守に優れているプレーヤーでも、プロの舞台で力を発揮することは難しい。特に走守である程度通用したとしても、打撃で苦しむパターンがほとんどだ。しかし、近本はここまで各部門でリーグトップクラスの成績をおさめている。盗塁王はもとより、新人王に一番近い選手と言っても過言ではない。

おすすめの記事