「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

丸佳浩、浅村栄斗、西勇輝など今年FA移籍を果たした選手の成績は?

2019 4/16 07:00勝田聡
丸佳浩,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

昨シーズンオフのFA移籍は4人

シーズン開幕から5カードが終わり対戦が一巡した。好不調の波はあるが、各選手の成績は落ち着きつつある。12球団を見渡しても、4割を超える高打率は.404の坂本勇人(巨人)ただ一人。また、規定投球回を超える投手で防御率0.00を維持する投手もいなくなってしまった。

まだまだ序盤ということもあり、まだしばらくはわずかな好不調で成績は大きく変動する。しかし、そんな時期といえども、好成績であることに越したことはない。

そんななか、昨シーズンのオフにFAで移籍を果たした選手たちは、どのような成績を残しているのだろうか。少し振り返ってみたい。

昨シーズンオフにFA宣言をしたのは5人。中村剛也(西武)は宣言したものの残留。実際に移籍をしたのは浅村栄斗(西武→楽天)、炭谷銀仁朗(西武→巨人)、丸佳浩(広島→巨人)、西勇輝(オリックス→阪神)の4人である。

おすすめの記事