「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

西武・山川穂高らが打率1割台、井上晴哉は二軍落ち…復調待たれるパの「4番打者」

2019 4/16 11:00青木スラッガー
山川穂高,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

開幕から不振が続くパ・リーグ球団の「4番打者」

開幕から両リーグで一発攻勢が目立つ今季のプロ野球。2番打者のロッテ・加藤翔平や、ソフトバンク・今宮健太が本塁打を量産し、阪神・梅野隆太郎が捕手として史上4度目のサイクル安打を達成するなど、伏兵的選手の好調ぶりも目を引く。

一方で、あまり元気がないのがパ・リーグ球団の「4番打者」だ。本来なら打線の核でありチームの顔となる存在だが、不振にあえぐ打者が続出している。

パを代表する4番といえば、昨季は47本塁打を放ってホームランキングに立った山川穂高。今季も開幕戦で満塁本塁打を放つ順調なスタートを切った。その後も一発は継続的に出て、ここまで6本塁打を記録している。しかし開幕から5カードを消化した4月14日終了時点で打率.189と確実性に欠け、まだ本調子には遠い。

3年連続の日本一を狙うソフトバンクは、全試合4番スタメンのデスパイネが打率.179、1本塁打、5打点にとどまる。その不振もチームが好調な中ではあまり目立たないが、柳田悠岐、グラシアルと開幕時の3番・5番打者が相次いで故障離脱。打線に不安が出てきており、主砲の復調がなければチーム状態は怪しくなっていくだろう。

日本ハムで長らく不動の4番を張ってきた中田翔も不振だ。ここまで打率.204、2本塁打、11打点。チームトップの打点を稼いではいるが、得点圏打率.250とチャンスでの打撃はらしくない姿。9日からのソフトバンクとのカードでは3連戦を通じてノーヒットに封じ込まれ、打線のブレーキとなってしまった。

上に挙げた打者たちは調子が上がらない中でも開幕から4番出場を続け、各チームの指揮官は復調に懸けている。ほか3チームの4番打者はどうだろうか。

おすすめの記事