「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

マクガフ、レグナルト、クック、ジョンソン……好投の新外国人はまだ本調子ではない?

2019 4/13 07:00青木スラッガー
ジョンソン,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

好投するセの新外国人リリーフ

今季も新たな外国人選手が何名も日本球界へやってきている。その中で活躍が目立つのはセ・リーグ球団でプレーするリリーフ投手だ。

開幕から4カードを終えた4月11日終了時点では、ヤクルトのマクガフ(7登板)、広島のレグナルト(7登板)、巨人のクック(4登板)、阪神のジョンソン(3登板)がそれぞれ無失点。防御率0.00をキープした。

特に圧巻の投球を見せたのはマクガフだ。奪三振率10.57、WHIP0.78を記録と、平均1イニング1つ以上の三振を奪い、走者もあまり出してない。10日の広島戦で1イニング12得点の猛攻を呼び込む好投で来日初勝利を挙げると、翌11日は来日後最速の154キロをマークした。

「ハンマーカーブ」なる聞きなれない変化球でキャンプから話題を呼んだ左腕のレグナルトは、やや四球が目立ちつつも、決定打は許さず役割を果たす。3連敗を喫したヤクルトとの対戦では2試合で4イニングを投げ、被安打1本に抑えた。不調にある広島投手陣の中で救いの存在だ。

クックは守護神としてセーブ機会をすべて成功させてリーグトップの4セーブ。オープン戦では防御率6.00と仕上がりに不安をのぞかせたが、きっちり開幕に間に合わせてきた。ジョンソンはオープン戦を含めると10試合連続で無失点投球を続けている。

開幕直後の現時点、まだ各チームの継投策は“探り探り”という状況だが、このまま好投を続ければ、彼らは勝ちパターン継投の中心として起用されていくことになりそうだ。

おすすめの記事