「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ヤクルト・川端慎吾ら二軍調整中の実績者たち チームの窮地救うべく今は雌伏の時

2019 4/15 07:00勝田聡
川端慎吾,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

川端慎吾はファームで打率3割超え

プロ野球開幕から、2週間ほどが経過した。両リーグともに独走しているチームはなく、現時点では団子状態。セ・リーグではヤクルトが首位に立っているが、まだまだ混戦で、各チームとも抜け出す「きっかけ」がほしいところだろう。

その「きっかけ」のひとつに、主力選手の一軍合流がある。実績ある選手と勢いある若手の一軍合流が、チームに勢いをもたらすことは珍しくない。

ヤクルトにはファームで力を蓄えている中堅やベテラン選手が多くいる。故障からのリハビリ途中や不振からの脱却など選手によって状況はさまざまだが、いつ一軍に呼ばれてもいいように、ルーキーや若手選手たちと共に準備を進めている。

まずは川端慎吾。二軍で16試合に出場し、打率.344(64打数22安打)と好調だ。2015年に首位打者を獲得しリーグ優勝に大きく貢献した川端だが、2017年シーズンは腰の故障で一軍出場は「0」。昨シーズンは開幕早々に頭部死球を受けた影響なのか、シーズントータルでは97試合の出場で打率.259(297打数77安打)と、本来の川端とは程遠い成績に終わってしまった。

今シーズンは春季キャンプから二軍で調整を行い、備えている段階。現時点で守備についたのは15試合中2試合(一塁)のみとなっており、指名打者制のないセ・リーグでは、守ることができない選手は出場機会が大幅に限られてしまう。一軍復帰へのゴーサインが出るのは三塁守備についてからだろう。

幸いにも川端のメインポジションである三塁は、主に村上宗隆が開幕からスタメン出場を続けており緊急事態ではない。しかし、若手の成長を促すためにもチーム内での競争は必要。かつての首位打者が、満を持して一軍へと昇格する日が待ち遠しい。

おすすめの記事