「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

中村奨吾、加藤翔平も本塁打量産のロッテ シーズン歴代最多259本超えなるか

2019 4/14 11:00勝田聡
ⒸYoshihiro KOIKE
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸYoshihiro KOIKE

プロ野球記録は2004年巨人の259本塁打

ロッテが開幕から本塁打を量産している。開幕戦で3本塁打が飛び出してから、10試合でなんと20本塁打。これは、4月11日現在で12球団トップタイの数字となっており、1試合2本塁打ペースでここまでの試合を消化している。シーズン換算すると286本塁打となるが、これまでに1シーズンでチームが放った最多の本塁打数はどれくらいなのだろうか。振り返ってみたい。

2018年シーズン終了時点におけるプロ野球記録は、2004年の巨人が記録した259本塁打(138試合)である。

この時の巨人は2003年オフに小久保裕紀、タフィー・ローズといった長距離砲を次々と獲得。その他にも高橋由伸、ロベルト・ペタジーニ、阿部慎之助、仁志敏久、清原和博といった強打者が揃っており、「史上最強打線」と呼ばれていた。強打者が揃った打線は本塁打数で他の追随を許さず、得点でもリーグ断トツの738得点をたたき出したが、投打が噛み合わず、3位に終わっている。

ちなみに、この年の巨人は30本塁打以上がローズ(45本塁打)、小久保(41本塁打)、阿部(33本塁打)、高橋(30本塁打)と4人。さらにはペタジーニ(29本塁打)、仁志(28本塁打)ともう少しで「30本塁打カルテット」ならぬクインテット、セクステットも視野に入っていた。

当時は138試合制だったが、現在と同じ143試合制であれば史上初の快挙が生まれていたかもしれない。だが、それほどまでの強力打線を持ってしてもペナントを制すことはできなかった。

おすすめの記事