「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ロッテ・加藤翔平が好調な打線を牽引 「何かをやってくれる男」からレギュラー定着へ

2019 4/12 11:00浜田哲男
加藤翔平,ⒸYoshihiro KOIKE
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸYoshihiro KOIKE

好調ロッテ打線を牽引

昨季は貧打に泣いたロッテ打線だが、今季は勢いに乗っている。4番として活躍が期待された井上晴哉が、オープン戦からの不振を引きずり2軍落ちしたが、加藤翔平、中村奨吾、レアードを中心とした打線が機能し、昨季では考えられない一発攻勢も見せている。

既に11試合で7本塁打を放ち打率.385のレアードを筆頭に、中村と加藤が打線を牽引している。特に加藤は、6日のソフトバンク戦でこれまで苦手としていた右打席でも2打席連続の本塁打を放つなど、予想以上の活躍を見せている。

50メートル走5.68秒、遠投120m、パンチ力ある打撃と、元より誰もが認める身体能力を持つ。最も多く試合に出場したのは、2017年の98試合。これまでフルシーズン働いたことがなかったため、能力を発揮できず首脳陣やファンの期待に応えることができなかった。

しかし、今季は違う。開幕戦2番右翼で先発出場を果たすと、第一打席でいきなり本塁打を放ち、その後もコンスタントに安打を重ねているのだ。また、昨季までの通算本塁打は9本だったが、今季は11試合で既に4本塁打を放っており、井口資仁監督が望む「打てる2番打者」として存在感を発揮している。現在、チームの犠打数1は西武と並んで12球団最少だ。

課題は出塁率

プロ入り後の成績

ⒸSPAIA


11試合を消化した時点で、4本塁打、打率.356、16安打と順調な加藤。長打率.733はリーグ4位、OPS1.116はリーグ5位と、打撃項目のほとんどが上位にランクインしているが、課題は出塁率だ。同項目に目を向けると.383でリーグ13位。決して悪い数字ではないが、他の打撃成績が良いだけに少し物足りない。

元々、比較的三振が多く四球が少ないタイプの打者であることから、出塁率が3割以上を記録するシーズンがなかった。だが、特にチャンスメイクが求められる上位打線では、出塁率向上が喫緊の課題。後ろを打つ3番打者の中村が出塁率.449と好調なため、加藤の出塁率が向上すれば、ロッテ打線にますますつながりが生まれるはずだ。

おすすめの記事