「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

背番号1受け継ぐ鈴木誠也、待望の先発左腕・床田寛樹 今季広島の投打のキーマン

2019 3/19 11:00勝田聡
鈴木誠也,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

注目は外野と外国人枠の起用法

セ・リーグ3連覇を果たした広島は、今年4連覇を目指すシーズンになる。しかし、このオフに丸佳浩がFA権を行使し同リーグの巨人へと移籍したため、その道のりは決して平坦ではない。

丸の穴は、昨シーズン大きく飛躍を遂げた野間峻祥と人的補償で新たにチームへと加わった長野久義が埋めることになる。また、本来は内野手である西川龍馬も中堅の練習をするなど、手を打ってはいるが、シーズンMVPの穴を埋めることは容易でなく、一朝一夕にはいかないだろう。

また、外国人枠の起用法も注目を集めることになりそうだ。支配下登録されている外国人選手はサビエル・バティスタ、アレハンドロ・メヒアの野手2人に、クリス・ジョンソン、ヘロニモ・フランスア、ジョニー・ヘルウェグ、カイル・レグナルト、ケーシー・ローレンスと投手が5人となっている。このうち先発で実績のあるジョンソン、昨季セットアッパーとして大活躍したフランスアは当確。野手では昨シーズン26本塁打のバティスタも間違いないだろう。

最後の1枠を丸が抜けた打線強化に使うのか、それとも投手に使うのかが大きな分かれ道となる。オープン戦では「ハンマーカーブ」を武器とするレグナルトが好投を見せたが、まだわからない。疲労や調子を考慮しながら、各選手をローテーションしていく起用も考えられる。

このようにリーグ4連覇へ向けて、選手の起用に苦心しそうな今シーズン。そんな広島において、投打のキーマンとなる選手を投手・野手それぞれ1名ずつ取り上げてみたい。

おすすめの記事