「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

巨人・菅野智之に期待?「平成2人目」の可能性が残されている偉業とは

2019 3/15 07:00青木スラッガー
菅野智之,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

平成の30年間で達成1度の偉業

プロ野球の開幕まであと2週間に迫ってきているが、世間的にはその直後、4月1日の新元号発表に関心が集まっている。平成の世も残りあとわずか。ここでは、改めて平成のプロ野球を振り返るにあたり、30年間で一度しか達成されなかった偉業に注目してみたい。

調べてみると、よく知られている記録では以下のものが当てはまった。

野手では、打率・本塁打・打点の「三冠王」(松中信彦/ダイエー/2004年)、「日本人選手50本塁打」(松井秀喜/巨人/2002年)。昨季は西武・山川穂高が惜しいところまでいったが、50本塁打まではあと3本届かなかった。

投手では、勝利数・防御率・奪三振・勝率・完封数の「投手五冠」(斉藤和巳/ソフトバンク/2006年)、1人の走者も出さず1試合を投げ切る「完全試合」(槙原寛己/巨人/1994年)、「規定投球回以上で勝率10割」(田中将大/楽天/2013年)。田中の24勝0敗という空前の成績はまだ記憶に新しい。

昨年、平成最後のシーズンを終えたことにより、上記の選手たちは「平成唯一の」という称号を得たことになる。だが厳密にいえば、まだひとつだけ「平成2人目」の達成者が生まれる可能性がある。今年は3月29日に開幕を迎え、改元までは約1か月間の猶予があるため、試合ごとの記録である「完全試合」においては、まだ可能性が残されているのだ。

おすすめの記事