「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

広島カープと沖縄の新たな可能性 ビジネスと地域振興の視点から紐解くキャンプ地・沖縄②

2019 3/15 15:00藤本倫史
野球ボール,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

広島東洋カープキャンプの発展

前回は、阪神と中日のキャンプ地について述べた。今回は広島東洋カープの沖縄市キャンプについて述べる。

広島のキャンプと言えば、宮崎県の日南市を思い浮かべる人が多いだろう。日南キャンプは1963年から行っており、長い歴史を誇る。日南市は1966年頃に市議会で、巨人の誘致を検討した。巨人も温暖な気候や新設された球場施設に目をつけていたが、地元の有志がカープには恩があると反対し、約50年以上キャンプが続いている。

沖縄キャンプも歴史があり、1982年から行っている。沖縄市の人口は約15万人で県第2の都市で、キャンプの中心となっているのは沖縄市野球場。現在は2013年に地元に本店を置くコザ信用金庫が命名権を取得し、5年契約(年額650万円)で、「コザしんきんスタジアム」になっている。

このスタジアムは私がスポーツマネジメントに入って取材していた2010年頃は老朽化が進んでいたが、2012年から2年間全面改装(総工費約32億円)を行い、とても快適なスタジアムとなった。さらに、昨年には屋内練習場、今年は6000万円をかけて、ブルペンも新設された。選手はもちろんだが、急増するカープファンにとっても快適なスタジアムとなり、観戦しやすくなっている。

おすすめの記事