「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

巨人が広島の4連覇を阻止するか?得失点差から見るセ・パ順位予想

2019 2/23 07:00SPAIA編集部
野球イメージ,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

いよいよオープン戦開幕

2月も終わりに近づき、2019年のプロ野球はいよいよオープン戦が始まる。ここから、新戦力の見極めや開幕スタメン争いが本格化し、各チームの仕上がり具合が明らかになっていくところだが、SPAIAでは一足先にセ・パ両リーグの順位予想を行ってみたい。ここでは、直近3年の各チームの得失点を参考に、今季の戦力を読み解いた上で、両リーグの順位を予想していく。

1位はソフトバンク ただ、新戦力の台頭が見られないと…

1位は戦力充実のソフトバンク。

ソフトバンク,ⒸSPAIA

ⒸSPAIA

投の千賀、打の柳田を中心に一歩抜きん出たチームであることは間違いない。ただし、昨季の得失点差は+106と2016、17年と比較して約50点減少しており、戦力は低下傾向にある。また、昨季故障離脱した内川、和田、サファテはいずれも30歳後半を迎えており、復帰後も以前と同様の活躍を見込めるかは分からない。新戦力の台頭が見られないと、苦戦を強いられる可能性もある。

昨季10年ぶりリーグ制覇した西武を2位と予想。

西武,ⒸSPAIA

ⒸSPAIA

菊池雄星、浅村と投打の柱が流出し、戦力ダウンは否めないが、昨季の得失点差+139からマイナスにまで落ち込むことは考えにくい。巨人から移籍した内海、新人の松本、山野辺、新外国人のニールと補強も的確に行っており、若手の成長次第では連覇も見えてきそうだ。


3位には日本ハム。

日ハム,ⒸSPAIA

ⒸSPAIA

非常に読みづらいチームで昨季、投打の要であった大谷翔平がMLBへ移籍したにも関わらず、得点・失点ともに前年より改善させている。今季も主軸のレアードが抜けたが、キャンプでは大田、近藤らを三塁に挑戦させており、穴埋めに抜かりはない。新加入の王柏融や2017年ドラ1の清宮が予定通り戦力になれば、優勝も十分狙える陣容だ。

おすすめの記事