「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

中日・平田良介、減量が功を奏してキャリアハイ 今季はさらなる進化へ

2019 2/10 11:00浜田哲男
平田良介,ⒸYoshihiro KOIKE
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸYoshihiro KOIKE

昨季は打率が急上昇

2018年シーズン、中日の平田良介はプロ入り最多の138試合に出場。プロ入り13年目にしてキャリアハイの成績を残した。特筆すべきは打率だ。2016~2017シーズンは.250にも届かなかった打率が、.329と急上昇。8月中旬以降は1番打者としてチームを牽引し、同僚のビシエドらと首位打者を争った。

最近3年間の成績

ⒸSPAIA


高校時代に通算70本塁打を放つなど、入団以来これまで和製大砲として期待されながらも怪我で離脱することが多く、シーズンを通しての活躍をなかなか見せられなかった平田。怪我もせず、好調をキープできた要因は何だったのだろうか。

10kgの減量が好成績の要因

平田は、2018年シーズンに入る前のオフに、10kgの減量に取り組んだ。膝への負担を軽減し、怪我を未然に防ぐためだ。体重減少に伴いパワーも落ちると言われるが、それでも試合に出続けることを優先した。

8月14日のDeNA戦で1番に入った平田は、そこからハイアベレージをマーク。16日には史上68人目のサイクル安打を達成するなど、ヒットを量産。出塁率も.410を記録し、チャンスメーカーとしての役割を果たした。

昨季の成功体験からか、今季も86~88kgで開幕を迎えること(昨季の開幕時は88~89kg)を目標とし、さらなる進化を目指している。

おすすめの記事